旅行好き!!

BURARI奈良 柳生の里から月ヶ瀬梅渓 Rep2

tukigase

ふれあい市場から梅の資料館は5分位でやって来ますがIMG_3783_R、道中の梅の咲き具合はボツボツと言ったトコでしょうか、まだもう少し先ですねお楽しみは^^

梅の資料館をサラッと見学し付近を散策、渓谷の景色や橋は中々のモノですがやはり梅の色づきが今一つでシャッター押す指にも全然力が入りません。 故に早々に退却と相成りました^^; 次回は撮りましょうねパノラマで。

月ケ瀬橋を後にして最初訪れたお店に向かいました。途中で『一目万本』の案内板を見つけ、山を登り始め2747_Rましたが5分も経たないうちにヒーヒーハーハーそしてゼーゼーと年齢の音が容赦なく私達を襲います。でも後から来た若い娘さんが軽やかに私達の横をすり抜けて行った時は、途端に元気になっちゃうんですよねSHIGEKIクンって(^◇^)付いて行くんですよしっかりと・・・当然次の曲がり角の先で止まってましたけどね^^   残念ながら山登りは途中で断念しましたがしょうがないですね体の為には抑えとかないと・・・でも一目万本と言う位だから景色は相当良かったんでしょうねきっと・・・残念でございました^^

間もなく最初のお店につきましたが相変わらず人・車・バイクのオンパレード。頼んでおいた特大の椎茸を受け取りサッサとお店を出ました。帰路は北にある高山ダムを経由しました。距離にして10数km位でしょうか、右手には川と言うより湖ですね、月ケ瀬湖と言うそうです。ダム湖ってどこでもそうですが湖の底には当時の姿そのまま時が止っている情景がありますね。ここには昔・・・・・なんて事思えばまたまたかき立てられるロマン、、、IMG_3821_R高山村・・・時間がいっぱい欲しいですね^^

高山ダムに着くと放水を行っている所でした。中々出会えない豪快な真っ白な水しぶきと音、暫く見とれていました。

車は県道82号線を北上し、走っていた川の名が木津川にいつの間にか変わっていました。高山ダムの先で終わってるんですね名張川は。しばらく走ると川に奇妙な橋が架かっていたので見に行きましたら、基本は石で出来てるみたいですね、コンクリートの補修の後は見えますが。『沈水橋』とか『沈下橋』と呼ばれ、沈んでしまう橋なんだそうです、なるほど大量の水が押し寄せても石であれば流されにくいですね、いやちょっと待てよ?木津川と言えばずっと下流に流れ橋なるものがあった筈、あれは流される様に設計された橋だっIMG_3829_Rたですね、その土地柄・環境によって築き上げられてきた経験で形も変わってしまう様ですね^^

木津川沿いを渋滞を掻い潜りながら何とか帰宅、SHIGEKIクンじゃないと出来ないテクでした。感謝m(__)m

大きな地図で見る


柳生の里から月ヶ瀬梅渓TOP

たべよう会TOPへ大

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たべよう会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.